酪農学園大学附属動物医療センター|伴侶動物医療・生産動物医療

診療時間
9:00~11:30完全予約制

伴侶動物医療学部門

診療科内科、整形外科、腫瘍科/軟部外科、循環器科、神経科、眼科、リハビリテーション科
診療時間月~金曜日 9:00~11:30
(電話受付は、8:30~17:00)
TEL011-386-1213(8:30〜17:00)
FAX011-386-0880
休診は、大学が定めた休診日

伴侶動物医療部門

 伴侶動物医療部門では、開業動物病院から紹介される重症例や難解疾病の症例に対応する二次診療施設として、内科、整形外科、神経科、腫瘍科・軟部外科、眼科、循環器科の各診療科が高い専門性を持って症例を診療し、各診療科は、画像診断科、麻酔科、集中治療科、リハビリテーション科とともに日本で最高レベルの動物のためのチーム医療を実践しています。8つの診察室と処置室、磁気共鳴診断装置(MRI)、マルチディテクタCT診断装置、デジタルX線撮影装置、デジタル超音波診断装置、各種血液生化学分析装置、常用電圧放射線治療装置などの高度医療機器の他、画像手術室や陽圧手術室を含む5つの手術室、集中治療室、およびリハビリテーション室を有し、高い精度での病気の診断と高度な治療が可能となっています。また、これらの施設は、学生が診療に参加する実践的な臨床獣医学教育を展開できるように広く設計されています。  専門性の高い二次診療を通して、高度な医療技術と知識を身につけるに留まらず、難解疾病に対して真実を探求し、より優れた診断と治療を創造できる獣医師養成を目指しています。

ご来院をご検討のお客様へ

当院は原則として完全予約制の二次診療施設となっております。まずはかかりつけ医(お近くの動物病院)にご相談ください。

診療の流れ

診療の流れ
なんとなく元気がない、食欲がないなど、いつもと違うサインを発見したら、まず、かかりつけ医(お近くの動物病院)にご相談ください。早期発見・早期治療は人もペットも同じです。

診療の流れ

診療の流れ
かかりつけ医(お近くの動物病院)が、診療の結果、二次診療が必要かどうかを判断します。

診療の流れ

診療の流れ
予約受付時間8:30~17:00(土日祝日・休診日除く)
診療時間9:00~11:30
(二次診療施設のため、診療に時間を要する場合があります。そのため長時間お待ちいただく事もありますがご了承ください。)
ご予約時に伺う主な事項
  1. 飼い主さんのお名前
  2. 受診したい診療科(ご不明な場合はご相談ください)
  3. 動物種とお名前、性別、年齢、去勢・避妊の有無
  4. 症状
  5. 診療希望日など

診療の流れ

診療の流れ
かかりつけ医からのご紹介がある場合は、紹介状等をお持ちください。可能であれば診療受付カードを印刷の上、記入してお持ちいただくと、受付がスムーズに行えます。

診療の流れ

診療の流れ
来院されましたら初診受付申込書をご記入いただき、受付にご提出ください。カルテと診察券を作成いたします。再診の方は診察券をご提示ください。

診療の流れ

診療の流れ
順番が来ましたら診察室よりお呼びいたします。 症状により、各種検査を行い、検査結果や治療方法について詳しくご説明します。 お薬が必要な場合は、薬剤部よりお呼びし、お薬をお渡しします。

診療の流れ

診療の流れ
お支払いは、現金またはクレジットカード払いとなっております。 時間外となった場合は、後日請求書を送付いたしますので、指定の口座に お振り込みください。
【ご利用可能なカード】 診療の流れ

二次診療を必要とする飼い主様をご紹介いただける場合は、こちらをご送付ください。

»紹介状(PDF)

各診療科長ご挨拶

内科

伴侶動物医療学部門
内科 診療科長

玉本 隆司 講師 Takashi TAMAMOTO

内科では堀准教授、玉本講師、五十嵐助教の3人体制で診療を行っています。堀准教授は循環器疾患に関する様々な研究実績と経験を活かし、心臓病の診断や重症度、予後評価、治療に関する専門診療を実施しています。玉本講師は炎症・免疫機構に関する研究実績を活かして感染症、免疫疾患、皮膚疾患の診療に加え、血液・内分泌疾患の診療も受けています。五十嵐助教は消化器疾患を専門に研究・診療しており、泌尿器、腫瘍内科、上部気道疾患の診療も受けています。

スタッフ紹介
伴侶動物医療学部門

堀 泰智 准教授

Yasutomo HORI

伴侶動物医療学部門

足立 真美 助手

Mami ADACHI

伴侶動物医療学部門

吉田 慧 研修獣医師

Kei YOSHIDA

整形外科

伴侶動物医療学部門
整形外科 診療科長

井坂 光宏  准教授 Mitsuhiro ISAKA

整形外科では骨、関節、靭帯、腱などの疾病・外傷を対象とし、病態の診断と治療を行います。骨(骨折など)、関節(関節炎、脱臼など)、靭帯、腱(断裂など)が対象となります。このような疾病・外傷が発生すると痛みや関節の安定性が損なわれるため、健常時とは異なる動き(足を引きずる、足先を地面に着ける事ができないなど)をします。気になる点がある場合には、まずはかかりつけの動物病院の先生にご相談の上、本診療科に予約を入れて頂いて下さい。私たちは観察(視診)、触診、X線検査などによって診断します。検査には全身麻酔を必要とする場合(CT検査、MRI検査、関節液検査、生検など)があります。来院の際には絶食の指示をすることがありますのでご注意願います。治療は必要に応じて手術、投薬、リハビリテーションなどにより行いますが、何よりも飼主様のご協力が必要となりますので宜しくお願いします。

スタッフ紹介
伴侶動物医療学部門

上野 博史 教授

Hiroshi UENO

腫瘍科/軟部外科

伴侶動物医療学部門
腫瘍科・軟部外科 診療科長 (センター長)

廉澤 剛 教授 Tsuyoshi KADOSAWA

近年、寿命延長に伴って伴侶動物の腫瘍が増加しています。動物の悪性腫瘍(がん)はヒト以上に経過が悪いため、正確にがんの種類と症例の状態を把握し、迅速かつ効果的にがんを生体から排除することが目標です。本腫瘍科では、外科手術、放射線、薬物、さらには免疫を駆使して、がんを排除する治療を実施しています。しかし、腫瘍が全身に広がっていて完治が難しい場合にはQOL(生活の質)を維持する緩和治療も必要です。 また、腫瘍以外の軟部組織の外科疾患の診断と治療も行っています。

スタッフ紹介
伴侶動物医療学部門

酒井 俊和 助教

Toshikazu SAKAI

伴侶動物医療学部門

丹羽 昭博 助手

Akihiro NIWA

伴侶動物医療学部門

谷川 慶一 助手

Keichi TANIGAWA

伴侶動物医療学部門

石崎 友美 研修獣医師

Yumi ISHIZAKI

循環器科

伴侶動物医療学部門
循環器科 診療科長

堀 泰智 准教授 Yasutomo HORI

呼吸が苦しい、咳をする、失神する、心臓が悪いなど、呼吸器や心臓病、門脈体循環短絡などの循環器の病気の診断と治療を行う診療科です。各種検査機器や超音波診断装置による詳細な循環器疾患の病態把握(診断、重症度評価、治療効果など)を行い、それらの検査から得られる情報を反映する個別化治療を行います。また、動脈管開存症などの先天性心疾患の診断、手術にも対応しております。これらにより、呼吸器や循環器疾患の予後、診断治療、QOLの改善などの役立つ情報を提供することを目的とします。

スタッフ紹介
伴侶動物医療学部門

井坂 光宏 准教授

Mitsuhiro ISAKA

神経科

伴侶動物医療学部門
神経科 診療科長

上野 博史 教授 Hiroshi UENO

神経科では人の病院の「神経内科」と「脳神経外科」で扱う疾患を対象とします。運動は脳→脊髄→末梢神経→筋肉へと指令が伝導して成り立ちます。これとは逆に感覚は感覚器→末梢神経→脊髄→脳へと刺激が伝導します。この道筋のどこかで異常が生じるといわゆる「麻痺」が生じます。麻痺が生じる原因には様々な原因(疾病)があります。私たちはこれらの原因を明らかにし(診断)、薬あるいは手術、または両者により治療を行います。麻痺以外にもけいれん発作、痛みなど脳神経の異常による症状は様々です。まずはかかりつけの動物病院の先生にご相談の上、本診療科に予約を入れて頂いて下さい。診断のための検査には全身麻酔を伴う検査(CT、MRI、脳脊髄液検査、生検など)があります。来院の際には絶食の指示をすることがありますのでご注意願います。また、運動機能改善のためにリハビリテーションを必要とする場合があります。その際には飼主様自身による自宅での施術、食餌管理など飼主様のご協力が必要となりますので宜しくお願いします。

眼科

伴侶動物医療学部門
眼科 診療科長

前原 誠也 准教授 Seiya MAEHARA

北海道内の大学では唯一の眼科専門の診療科で、最先端の検査機器と手術機器を備えています。動物もヒトと同じように白内障や緑内障などの目の病気になります。動物たちにとっても「見る」ということは生きていく上で大切なことであり、われわれは動物たちの「見る」にこだわり、目の病気についての診断と治療を行っています。眼科では、犬や猫はもちろんのこと、牛や馬などヒト以外のすべての動物を対象としています。

スタッフ紹介
伴侶動物医療学部門

加藤 礼子 助手

Reiko KATO

伴侶動物医療学部門

下出 亜里咲 研修獣医師

Arisa SHIMODE

リハビリテーション科

伴侶動物医療学部門
リハビリテーション科 診療科長

椿下 早絵 准教授 Sae TSUBAKISHITA

動物のリハビリテーションはまだ広くは知られていませんが、動物の高齢化や獣医療の発展によって、今後ますます重要となります。当診療科では、主に神経・整形疾患の動物を対象とし、ウォータートレッドミルを使った運動療法やレーザー治療などを取り入れ、一頭一頭に合わせたリハビリプログラムを作成し、運動機能の維持・回復を目指します。また、疾病や事故などで足の一部を失った動物に対して、義足の作製も行っています。